« 選挙結果の見え方 | トップページ | 唄は世につれ »

ハリケーン災害の見え方

○質の悪いアメリカ・テレビ

 先日、大麻駅から電車に乗った二人づれの男性が、私が掛けている席の脇に立って、「今時住民票の制度がないなんて、考えられないな」などと話を始めた。

 どうやら超大型ハリケーンの被災者のことらしい。

 私たち家族も他人事でなく、被災者の身の上を案じながらテレビを見ていた。町中が二階まで潮水に浸されているにもかかわらず、避難をしようとしない人たちが沢山いる。「なかには、せっかく手に入れた自分の家から離れられない人もいるだろうけど、ビザのない人も多いだろうし、ひょっとしたらパスポートさえ持っていない人も交じっているだろうね」。そんなふうに、私たちは見ていた。「うっかり避難所なんかに行ったら、そのまま逮捕、強制送還なんて羽目になりかねない。今回に限りその点は不問に附す。仮にマイクでそう呼びかけたとしても、自分の立場に不安を抱えて生きてきた人間は、疑い深くなっているから、耳を貸さないだろう」。

 同じころ、NHKがアメリカのテレビ・ニュースを放映していたが、ニュース・キャスターが、現地の災害対策責任者に向って、「しかし、自動車も買えない貧しい人が10万人近くもいたことは、前から分かっていたことでしょう?!」などと、底意地の悪い目つきで問い詰めている。

「ヤナ奴だな……アメリカのテレビって、つくづく質が悪いネ。こんな厭味を言うために、忙しい責任者を、わざわざカメラの前に引っ張り出したりして……」。

このニュース・キャスター、ニューオーリンズの「貧しい人」が避難できなかったのは、単なる金の問題だけじゃないことくらい、十分に承知しているはずだ。だが、全くそんな問題はなかった顔をして、被災者を、当局の不手際が招いた災害の被害者に仕立ててみせる。連中がよく使う手口で、いまさら批判にも値しない。そうも言えるが、要するに被災者の側に立つ振りをしているだけ。当面なにが必要なのか、親身に訊いてやる気持なんて、まるっきり持ち合わせていない。

○ソーシャル・セキュリティについて

 私はアメリカ合衆国のソーシャル・セキュリティ・ナンバー(SSナンバー)を持っている。1995年、コーネル大学の客員教授になり、J-Ⅰビザでアメリカへ渡ったからである。

もちろんこれは市民権とは異なる。だが、このナンバーを持たないと、アパートを借りたり、電話番号を貰ったり、銀行の口座を開いたり、自動車をレンタルしたりできない。全くできないわけではないらしいが、いろいろ難しい条件がつき、契約に時間がかかる。その意味でこのナンバーは、普通に市民生活を送る上で不可欠な身分証明書の番号みたいなもので、江戸時代の人別帳に近い。

江戸時代における公民としての「人」とは、この人別帳に名前が記載されている人間を指す。もし何かの事情で、人別帳から名前を削られてしまえば、つまり「帳(面)外し」にされてしまえば、家土地を手に入れたり、宿屋に泊まったり、そういう当り前の権利を一切奪われてしまうのである。

 私は日本の運転免許証を持たなかったが、ニューヨーク州の講習を受け、コーチに就いて、ドライバー・ライセンスを取ることができた。SSナンバーを書いた、身分保証書のカードを持っていたおかげである。

 

 もしビザもなく、SSカードも持たずに、アメリカで生きようとしたら、どんなに難しいことが待っているか。私たちはビザなし渡航で90日間、アメリカで過ごすことができるが、その期限が切れれば不法滞在者となる。ちょっとした小遣い稼ぎのつもりで働いたりすれば、不法就労となってしまう。

ところがアメリカには、そういう立場の人が沢山いる。ばかりでなく、パスポートなしに渡って来た密入国者も多い。

ブッシュ政権が発足したばかりのころ、女性の高官が辞職した。たしかその理由は、不法就労者をメイドに雇っていることが発覚したためだった。政府の高官がそういう不用意な「過ち」にはまってしまうほど、その数は多いのである。

○闇売買されるソーシャル・セキュリティ

SSカードは郵送されてきた。顔写真もついていない。スーパー・マーケットが発行するポイント・カードよりもお手軽な感じの「身分保証書」であるが、知人から、「くれぐれも他人の手に渡らないようにきちんと管理して下さい」と注意された。「不用意にナンバーを他人に教えたりしない」。その点も注意された。「いつ、どこで悪用されるかも知れないからだ」という。

 一見お粗末な、このカードが、しかし悪質な連中の暗躍によって、意外に高額な値段で闇取引されている。そういう噂も耳にした。

もちろん需用が大きいからで、シアトルのワシントン州立大学で聞いた話によれば、シアトルや周辺の市民が、北京政府の中国から、学生のホームステイを引き受けることにした。大学の斡旋により、50名を超える北京中国の学生が、それぞれホームステイの家庭に別れ、数ヶ月の後、指定された場所と時間に集合することになっていたが、当日その場所には一人も現われなかった。アメリカ大陸に散らばり、姿を晦ませてしまったのである。

 これに類する話は、後にロサンゼルスのUCLAで客員教授となった時にも耳にした。

 要するにこの人たちにとって、北京中国は、国籍を棄て、名前を棄て、過去を偽っても二度と帰りたくない国だったわけだが、では、どうやって生きてゆくか。

 他人になりすまして生きるしかなく、出来ればきちんとした経歴の人間のSSカードを手に入れて、その人間になりすませたい。その支払いのために、下積みの労働を2年、3年と続けることになるとしても、咽喉から手が出るほど欲しいカードだろう。

そこに中国マフィアがつけこむ。「自分の国へ帰れば、もうこんなカードは要らないな」。そう考えている人間から、甘言をもって安く買取り、それを、不法滞在や、密入国の弱みを抱えた人間に、法外な金額で売りつける。

 

その時、買い取る相手としては、日本人が目をつけられやすい。アメリカでは、日本国籍を持つ人間の信用度が高い。しかもアメリカの大半の市民にとって、日本人と中国人との区別などつくはずがないからである。

そんなわけで、ついうっかり甘言に乗ってSSカードを手放したりすると、後でとんでもないトラブルに巻き込まれかねない。SSカードを買わねばならない人間は、好むと好まざるとにかかわらず、不法な行為にかかわり、犯罪に巻き込まれやすい。このため、SSカードを手放した人間は、アメリカで自分になりすました、別な人間の犯罪の責任を背負い込む羽目に落ちてしまうのである。

○戸籍と「魂」の預かり所

 さて、ここで住民票の問題にもどるならば、アメリカでは、日本の戸籍に相当する制度がない。

 シェークスピアや、その時代の文学者に関する研究を読んでいると、時々、「彼が生れた土地の教会の記録を調べたところ……」というような記述に出会う。つまり、かつて西欧のキリスト教社会では、教会が出生の記録を司っていた。その教会の教区の人間は、子供が生れたら洗礼を受けに連れてゆく。そこでクリスチャン・ネームが与えられ、それと共に出生が記録されたらしい。クリスチャン・ネームを持たないと、死後、魂が救われない。そういう信仰があったから、両親は必ず子供を洗礼に連れてゆく。いわばクリスチャン・ネームを貰ってはじめて「人間」として認知、登録され、死後の魂の面倒も見てもらうことができるのである。

 これは日本の江戸時代における「人別帳」の制度とよく似ているが、日本の政府は明治5年、人別帳を廃して、戸籍を作ることにした。つまり国家が国民の「出生と死亡」の公的な記録を作り、管理することにしたわけで、この年が壬申(みずのえさる)に当ることから、歴史家は壬申(じんしん)戸籍と呼んでいる。

 ただ、所属する人間の出生を認知し、死後の魂の安息を保障してやることは、キリスト教社会や日本だけでなく、どんな共同体にも必要不可欠なことだった。それを果たさなければ共同体が崩壊してしまう。それほど重要な役割だった。

日本は江戸時代を通じてお寺に任せてきたわけだが、明治に入ってそれを廃して、昔からの氏神/氏子の制度を復活し、強化させた。出生と死亡の記録は政府の責任とし、魂の救済は神さまにお願いすることにしたわけである。

ただし、氏神祭を盛んにすることは、ある程度成功したが、宗教と信仰を一元化する政策はさほど成功せず、敗戦によって崩壊してしまった。その結果、死後の魂の問題は、神道であれ、仏教であれ、それ以外の宗教であれ、皆さん各自ご勝手にと、かなり投げやりな状態に放置し、ただ戦争で亡くなった兵士と軍人の魂は、靖国神社に祀ることにした。

○戸籍法なき国の問題

 ところが、かつてのキリスト教国家は、そしてアメリカ合衆国も、「出生と死亡」の記録は国家が管理することにしたが、日本のような戸籍制度は採らなかった。もちろん住民標もなく、だから住民票に相当する英語もない。

アメリカ合衆国は、アメリカの市民権を持つ両親の間に生れた子供に市民権を与える。両親がアメリカ市民でなくても、アメリカ国内で生れた子供には、将来もし望むならばアメリカ国民となり得る権利を与える。そういうやり方でやってきた。

 従来、日本の知識人は、このやり方を、より成熟した市民社会の原理に基づく、より開かれた国家のあり方として評価してきたが、現在は、かえってそのやり方が裏目に出ているのではないか。

 

外国人に発行したSSカードが、密かに売買され、それを目当てに不法滞在者や不法就労者、あるいは密入国者が入り込んでくる。アメリカ西海岸の場合、そういう人間の多くはアジア系、メキシコ系のようだが、ルイジアナ州やミシシッピー州はもっと多様な民族を含んでいるだろう。

 災害に乗じて、略奪を働く。そういう人間の映像も繰り返し放映された。アメリカにおける人心の荒廃を剥き出しに見せつけられた感じで、同情も何もいっぺんに吹っ飛んでしまう。そこまで彼らを追い詰めたものは何か。そんなお悧巧を言う気にもならない。

その全てが以上のような人たちの仕業だとは言えないが、深いかかわりがあると見てさしつかえないだろう。SSカードを持たずに避難所へ赴き、怯えて暮らすよりは、イチかバチか金目のものを奪って逃げ出そう。おそらくそう考える人間が出てもおかしくない状況になっていたのである。

|

« 選挙結果の見え方 | トップページ | 唄は世につれ »

「社会時評」カテゴリの記事

コメント

せいさく0319と申します。
掲載されている日記を興味深く拝見させていただきました。事後の御連絡となりましたが、当方の記事にリンクをはらせていただき、日記を紹介させていただきました。

リンクをはらせていただいた件について、何か差しさわりがございましたら、その旨、御連絡ください。何分、ブログ初心者なもので、ご容赦ください。

また、よろしければ、今後とも、そちらのサイトを拝見させていただくつもりです。よろしくお願いいたします。

せいさく0319 
サイト名 気になるブログ10件
mail:noguchi0319@mail.goo.ne.jp 
http://plaza.rakuten.co.jp/kininaruburogu10/

投稿: せいさく0319 | 2005年9月19日 (月) 06時46分

亀井様

また新しいハリケーンが迫っていますね。
今回の記事、マスコミなどで一切、ネットでも全くに近く触れていないアメリカ社会の問題点を正面から衝いていてたいへん勉強になりました。
それから日本の戸籍制度に関して、肯定的に評価するご意見も参考になりました。私は過去左翼的な運動に関わっていたので、戸籍制度には否定的な意見を主に受容していました。
ありがとうございます。
次の記事を楽しみにしております。

投稿: 花風病夫 | 2005年9月23日 (金) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127704/6009913

この記事へのトラックバック一覧です: ハリケーン災害の見え方:

« 選挙結果の見え方 | トップページ | 唄は世につれ »